脳梗塞に鍼灸治療が効果あり?!

東洋医学の代名詞とも言える「鍼灸治療」ですが、鍼灸治療は世界保健機構WHOから適用疾患が認められていて、現在では大学病院の医学部の教育課程に取り入れられるなどして、日本では鍼灸治療は民間医療ではない正式な医療として認められつつあるそうです。
さて、鍼灸治療では体の免疫力を高めたり、慢性的な症状、原因がはっきりしない症状に効果が期待できるといわれています。
また、脳梗塞の後遺症については鍼灸治療はかなり効果的な治療法とされて幅広くその治療法が取り入れられているそうです。
脳梗塞は脳の血管が詰まり、それにより脳細胞が壊死してしまう病気です。
病院での治療をしたのち、後遺症が残ってしまうケースも多いそうで、脳梗塞の後遺症には半身麻痺、半身不随、手足のしびれ、感覚障害、言語障害、記憶障害などが起こることがあるそうです。
そのような脳梗塞の後遺症には鍼灸治療がとても効果的のようで、リハビリと併用して行うことが勧められているようです。
脳梗塞後遺症の改善のための鍼灸治療はなるべく早くに始めるのが良いとされています。
最近では脳梗塞後遺症の改善を専門的に行っている鍼灸院もあるそうですので、後遺症でお悩みの方は鍼灸院に相談されることをお勧めします。