引きこもりを支援する団体は必要です

引きこもりの子供は多いです。
大人の引きこもりも多いです。
引きこもりになる理由は人それぞれ違いますが、主な理由は人間関係です。
友人関係や教師との関係、大人なら同僚や上司との関係が理由という事が多いです。

友人関係で悩んでいる人は多いです。
教師や上司との関係でも多くの人が悩んでいます。
人間関係で悩んでいる人のすべてが引きこもりになるわけではないです。
すべての人ではないですけど、学校に行きたくない、会社に行きたくないと思う人は多いです。
引きこもりになる前だったら自分の力、もしくは家族の助けで立ち直る事はありますが、引きこもりになった後では自分の力はもちろんですが、家族でも立ち直らせることは難しいです。

落ち込む事はあります。
落ち込んだ事がない人はほとんどいないです。
落ち込みが少しの期間で済む人もいますが、長引く人も多いです。
落ち込みが酷くなると引きこもりになる可能性があります。
引きこもりになったら支援を受けないと脱却するのは難しいです。
仕事をしたい、勉強をしたいと思っている人は多いです。
仕事がしたくても勉強をしたくても家を出るのが怖いと思う人は多いです。
家を出るのが怖くないのなら引きこもりにはなりませんからね。
引きこもりを支援する団体は増えています。
家族だけでどうにかなる問題ではないから引きこもりを支援する団体は必要です。