Monthly Archives: 11月 2016

外壁塗装中の悩みは身近にもひとつ?!

外壁塗装で悩むといえば、業者とのやりとりだけを思いますが違うんですね。
とんでもないところで苦情や言いがかりを言われたりすることがあるともいいます。
まあ周りの家との距離があるならしなくてもいい心配をしなければいけないこともあるということです。

特に集合住宅地での外壁塗装は「いずれみんながやるものなんだし…」では済まないといいます。
そして、隣り合う家はもちろん、迷惑がかかると予想される全戸に断るぐらいがいいようです。
臭いに敏感な人もいれば、音に敏感な人もいるわけで、小さい子どもがいれば危険もあります。

どうしても土地を共有している分、ボールが転がりこんで入ることでもあれば、いくらでも入れてしまいます。
宅地内だからと親が見ていないこともあるもんですから、塗装期間だけは注意を促しておくほうがいいですね。
足場というものはつけっぱなしですが、主が家で見張り続けるというのもできませんから。

外壁塗装中の家ってだいたいビニール張りしているから、なんていう安心は通用しないということみたいです。
まあ全戸それぞれの要望を聞いてたら外壁塗装なんてできないでしょうが、知っていればみなさん工夫するでしょう。
午前にすると言ってたから午後にする用事を午前にして家にいないようにするとかのように。

外壁塗装は見てわかるものですが、一言の配慮でひとつでも悩みの種は減るようです。

熊本の焼き鳥を食べたいとき!

熊本で焼き鳥を食べたいときにぴったりの情報を掲載しています。

炭火焼鳥専門店のたろうです。
炭火焼鳥専門店ならばではのこだわりがあるのです。

まずはたれです。
幻のニンニクだれと呼ばれるたれを使用しています。
何年も絶やすことなく煮込むことで、香り高く濃厚なたれを作りあげることができています。
使用するニンニクは、店主自ら吟味を重ねて選んだものだけを使用しているこだわりのたれなんです。

二番目のこだわりそれは食材です。
地鶏ではなり、国産の朝引き鶏にこだわっています。
やわらかい肉質と強火で焼き上げたこの焼き鳥はジューシーでうまみがたっぷりです。
キャベツも焼き鳥とのバランスを考えたうえで群馬産の甘みが強いものをこだわって使用しています。

最後のこだわりそれは炭火です。
有害物質を出さない良質な備長炭を使用して、摂氏100度の熱で焼き鳥がジューシーにふんわりと仕上がるように選んでいるのです。
遠赤外線効果で焼き鳥がふっくらと仕上がります。

こんなこだわり満載の炭火焼き鳥は舌が肥えているあなたもうならせる焼き鳥に違いありません。
ぜひご賞味してください。