脳梗塞に鍼灸治療が効果あり?!

東洋医学の代名詞とも言える「鍼灸治療」ですが、鍼灸治療は世界保健機構WHOから適用疾患が認められていて、現在では大学病院の医学部の教育課程に取り入れられるなどして、日本では鍼灸治療は民間医療ではない正式な医療として認められつつあるそうです。
さて、鍼灸治療では体の免疫力を高めたり、慢性的な症状、原因がはっきりしない症状に効果が期待できるといわれています。
また、脳梗塞の後遺症については鍼灸治療はかなり効果的な治療法とされて幅広くその治療法が取り入れられているそうです。
脳梗塞は脳の血管が詰まり、それにより脳細胞が壊死してしまう病気です。
病院での治療をしたのち、後遺症が残ってしまうケースも多いそうで、脳梗塞の後遺症には半身麻痺、半身不随、手足のしびれ、感覚障害、言語障害、記憶障害などが起こることがあるそうです。
そのような脳梗塞の後遺症には鍼灸治療がとても効果的のようで、リハビリと併用して行うことが勧められているようです。
脳梗塞後遺症の改善のための鍼灸治療はなるべく早くに始めるのが良いとされています。
最近では脳梗塞後遺症の改善を専門的に行っている鍼灸院もあるそうですので、後遺症でお悩みの方は鍼灸院に相談されることをお勧めします。

痛くない歯医者で治療を受けてみたい

虫歯があると歯を削って詰め物をして、痛みがあると神経を取る歯医者さんが多いですよね。
でも歯を削ると削ったところから雑菌が入り込み虫歯が再発し、削り続けた結果によって神経を取り、歯が弱くなってしまうのです。
ですから歯医者さんを選ぶ時には歯をなるべく削らない歯医者さんを選ぶといいですよ。
東京都渋谷区にある山田歯科医院は抜かない・痛くない歯医者さんとして評判の高い歯医者さんです。
歯医者さんというと痛いイメージがありますが、腕がとってもいいので治療中に眠ってしまう患者さんがいるほどです。
それだけ歯に優しく、負担をかけない治療を行うことができ、こんな歯医者さんで治療を受けてみたいですよね。
山田歯科の診察室はリゾートのような癒される空間で、リラックスした雰囲気の中で治療を受けることができます。
1つの部屋に診察台は1つしかないので、隣に他の患者さんがいないのもいいですよね。
そして山田医院ではデンタルインタビューを行っており、歯に対する悩みやこれまでの治療について色々伺い、本当に必要な治療を提案してくれます。
インターネット限定で初診のデンタルインタビューが無料になりますよ。

エステサロン選びで利用したい“体験コース”

体系の悩みを抱えている女性は多いと思いますが、私もなかなか痩せないで困っています。
年齢が増すにつれて代謝も悪くなっているのに、太りやすくなってしまいますが、どうしたら理想の体型に近づけるんでしょうね。
ダイエットは長続きしないし、やっぱりエステサロンに行くのが一番効果的なのかなぁ。
でもエステサロンといっても大手のサロンもあれば地域に密着したサロン、個人で営業しているサロンがあるので、どこに行こうか迷いますよね。
それに痩身コースの通常料金も安くはないので、失敗しないエステサロン選びをしなければなりません。
エステサロン選びで利用したいのが“体験コース”で、通常1~2万円するようなコースが1,000~3,000円程度の格安でエステを受けることができます。
このくらいの金額なら敷居の高いエステサロンでも気軽に足を運ぶことができ、複数のエステサロンの体験コースを利用すれば、自分にあったエステサロンを選ぶことができます。
ただ体験コースの場合には勧誘をされることもあるので、「他のエステサロンも体験してから決めます」等、断り方を準備して行くといいでしょう。

確定申告したら思いのほか税金が返ってきた!

元気だけが取り柄の私でしたが…ここ数年、ちょっと入退院を繰り返しています(汗)
入院していないときは通院しているので、医療費はとんでもなくかかっています。
なので今の私には医療費控除は絶対にやらないといけないミッションなんですよね。
保険金が下りたりもするので確定申告してもさほど還付があるとは思っていなかったんです、当初は。
でもせっかく病院の領収書をきちんととっておいたりしたので、ネットの簡単に医療費控除や確定申告自体の試算ができるサイトでシミュレーションしてみたんです。
すると「わ!万単位で還付がある!」とビックリしました。
それからというもの、毎年きちんと医療費控除のための確定申告をするよになりました。
ちなみに通院時の電車やバスなどの交通費も医療費控除の対象になるんです。
これもチリツモで計算するとバカになりませんよ!
また、医療費控除は同居する家族の分と合算できるのもなかなか大きいです。
面倒くさいと思っていた確定申告ですが、いざ計算してみると案外還付金があったりするので、「もしかして」と思う方はシミュレーションしてみてくださいね。

最近の車の車検はディーラーで受けるべき

車検を受ける手段はたくさんあります。
ディーラーへ頼むもよし、カー用品店やガソリンスタンドへ頼むもよし。
安く済ませようと考えていたら、自力で業者を探して車検を通す人もいるかもしれません。
ただ、最近の車に関しては、ディーラー車検を通したほうが良いと思うのです。
理由は、車がかなりハイテク化しているからです。
例えば、今はカメラ付きの車が増えていますよね。
フロントガラスにカメラが仕掛けてあり、前方の情報を分析して、色々と情報を与えたり、速度制限をしてくれるわけです。
車間距離を均等に保ったり、スピードに対して車間が狭すぎれば注意のアラームが鳴ることもあります。
前の車にぶつからないように、自動的に止まるシステムも人気です。
それらを制御するためには、カメラの位置が非常に重要なのだそうです。
少しでもずれてしまうと、計算が合わなくなり、正しい位置で止まったり、速度を調整することが出来なくなってしまいます。
そういった部分のメンテナンスをするためには、やはりシステムを作った会社にお願いするべきだと思います。
また、その部分の点検がいらなかったとしても、他の業者の整備士の無知が故、カメラに触ってしまうかもしれません。
そうならないためにも、やはりディーラーで車検を受けるべきだと思うのです。

うちの娘も整体に通った方がいいのかも…

妹が久しぶりに我が家に遊びにきました。
もう今年で35歳なのに、相変わらずの若作りの妹。
ホルターネックのキャミソールに、デニムのショートパンツという、10代みたいな恰好です。
妹は、いまだに浜崎あゆみの大ファンでほぼ信仰の勢いで支持しているから、いまだにそんな感じ。
でも、それが結構似合っているんで羨ましいですね。

でも、長身で足の長い妹には、そういう恰好はとても似合います。
細すぎず太過ぎない健康美って感じなので、肌見せをしていてもセクシーよりも健康的に見えるし。
実は妹は昔は猫背だったんです。
背の高いことを気にしてて、いつもうつむき加減だったから。
でも、整体に通って姿勢矯正をしたので今のようなスタイルになっています。
自信が付いたみたいで、派手な恰好するようになったし。

うちの娘、今大学生だけどやっぱり背が高いんです。
それがコンプレックスなのか、小学校の時からやっぱ猫背なんですよね。
私なんて155㎝だから逆に背が高いのが羨ましいんだけどな。
でも、最近はその猫背がコンプレックスになってるみたいなんです。
娘も整体に通わせてみようかな~。

引きこもりを支援する団体は必要です

引きこもりの子供は多いです。
大人の引きこもりも多いです。
引きこもりになる理由は人それぞれ違いますが、主な理由は人間関係です。
友人関係や教師との関係、大人なら同僚や上司との関係が理由という事が多いです。

友人関係で悩んでいる人は多いです。
教師や上司との関係でも多くの人が悩んでいます。
人間関係で悩んでいる人のすべてが引きこもりになるわけではないです。
すべての人ではないですけど、学校に行きたくない、会社に行きたくないと思う人は多いです。
引きこもりになる前だったら自分の力、もしくは家族の助けで立ち直る事はありますが、引きこもりになった後では自分の力はもちろんですが、家族でも立ち直らせることは難しいです。

落ち込む事はあります。
落ち込んだ事がない人はほとんどいないです。
落ち込みが少しの期間で済む人もいますが、長引く人も多いです。
落ち込みが酷くなると引きこもりになる可能性があります。
引きこもりになったら支援を受けないと脱却するのは難しいです。
仕事をしたい、勉強をしたいと思っている人は多いです。
仕事がしたくても勉強をしたくても家を出るのが怖いと思う人は多いです。
家を出るのが怖くないのなら引きこもりにはなりませんからね。
引きこもりを支援する団体は増えています。
家族だけでどうにかなる問題ではないから引きこもりを支援する団体は必要です。

歯科ってウハウハに設けてるもんだと思ってたよ~

役所勤めの主人と結婚を決める時に「公務員だし安定してるし」と思ったのが決定打でした。
でも、今はその決定打が間違ってたかもな~って思っています。
確かに安定してますが、決してワンランク上の生活が出来るような収入ではありません。
それに、主人がもし転職なんかしちゃったら何の資格もないからさらに収入減るかもしれないですよね。

その点、医者とか弁護士とかそういう職種の人を捕まえた友人はさすがに違うな~って生活をしています。
あと、一流企業に勤めてる人もそうで、なんか華やかなんですよね。

先月、また友人が結婚したんだけど、相手は歯科経営をしてるっていうんで「またセレブ婚か…」と思ったんです。
大体、歯科ってのは設けてるもんだって思ってたから。

でも友人の話を聞くと、歯科経営も大変なんだそうです。
歯科ってすごく多いから競争率激しくて、その結婚相手の歯科も苦戦してるんだって。
最近は歯科経営のサポートをする会社のセミナーみたいなの受けて努力してるみたい。

経営者だとそういう荒波があるから波乱万丈ですよね。
まぁ、しがない公務員だけど安定って素晴らしいかもな!

20万なの?38万なの?確定申告ってわからない!

実家で暮らしてる、仕事は内職とか覆面調査の仕事やってる、って言うと「気楽だね~」と言われます。
だけど、この年齢で会社勤めせずに家にいると親から毎日白い目で見られます。
少しでも親に負担かけないよう自分の小遣い分は稼ごうと始めた仕事なのに、「何もしないでゴロゴロ家にいて」って言われるけどやってるっつーの!

今の私の年収は35万円ほどなんだけど、これって確定申告はした方が良いの?
巷では20万円を超えたらやらないといけない、って話もあるし、38万円って話も聞きます。
20万なら私はアウトだし、38万円ならやらなくてもいいってこと。
う~ん、よくわかりません。

そもそも、確定申告って税金の額を決めるためのもんですよね。
私みたいな低所得者は非課税でいいんじゃない?
今親の扶養になってるのでよくわからないんだけど。

なんか考えるの面倒になってきたんで、やっぱり外に出て働こうかな。
そうしたら親も安心するだろうしね。
家で集中して仕事してても、親からしたら働いてるって思わないみたいでうるさいんです。
あと、もうちょっとってとこで「洗濯物干しといて」とか「米研いでおいて」とか言われたりするし。
会社で仕事中にそんなことあり得ないですよね~(泣)

弁護士との話し合いが始まる

離婚を決意してから、すぐに弁護士を通して話し合いをすることにした。
事の発端は、些細なことで、少し前から、金銭面でも子育ての考えかたも合わないなと思っていた。
それが、一気に爆発し、些細なことから、離婚に繋がった。
主人との、性格の不一致が明らかに多すぎた。
付き合ったときは、優しくて思いやりがあって、この人となら、やっていけると思った。
なのでプロポーズも引き受けた。
しかし、結婚して一緒に暮らしていると、少しずつ少しずつ、前とは変わっていく姿が目にみえだした。
子育てにも、全く参加していない状況が続いていた。
些細なことがきっかけで、離婚にはなったが、前々からだめになっていたのかもしれない。
話し合いは、弁護士ともし始めた。
まずは、自分の気持ちなどを話した。
弁護士に話をしながら、涙が止まらなかった。
子どものためにと、やってきたことだったが、こんなにも精神的に参ってたのかと思うと、つらくてつらくてたまらなかった。
いい弁護士がついてくれていて、私の気持ちを理解してくれていたので、それだけで救われた気持ちになった。